花を長持ちさせる加工の一つであるプリザーブドフラワーには花の形や性質によって向き不向きがあり、実は全ての花をプリザーブドフラワーに加工できるわけではありません。よく見かける花はバラやアジサイ、カーネーションそしてランです。

これらの花は花びら一枚一枚が大きくしっかりしているため加工の際に破れたりせず、また花の存在感が強く飾っていると見栄えが良いことからプリザーブドフラワーとして好まれ良く販売されています。

プリザーブドフラワーをさらに詳しく調べてみませんか。

一方で加工に向いていない花は加工に手間が掛かるためほとんど流通していません。

まず花びらの薄いスイートピーやハイビスカスなどは花びらが薄いために加工途中で破れてしまい、綺麗に仕上がらないことから製品になりません。



また花びらが散りやすい花も加工が難しいです。
特に桜や菊のように花びらの数が多く散りやすい花は加工の際に次々花びらが取れてしまいます。


さらに水揚げの悪い花やつるも向いていません。

水揚げが悪いと着色液に浸し色を入れる工程で綺麗に色が入らず、まだらになります。

All Aboutのお得情報を用意いたしました。

しかしこれらの加工に向いていない花でも細心の注意を払えばプリザーブドフラワーにすることができます。
そもそも加工の難しい花は安定して供給しにくいという面があり花屋で販売されていないという事情があり、自分で加工してしまえば手に入ります。

またプリザーブドフラワーの受注生産を受け付けている花屋に加工を依頼すれば特注で作ってもらえるので自分の好きな花を買うことができます。

Copyright (C) 2016 プリザーブドフラワーに向く花と向かない花 All Rights Reserved.